人気ブログランキング |

11.10.23 月日は百代の過客にして

行かふ年も又旅人也。と芭蕉が詠み
「この旅には終わりはない」と間章が書いたその確信は
3ヶ月更新していなかったこの頁をめくって再び書き始めるにあたって
そうなんだよなあとこの空白(ここでの)を総括するにふさわしく
自分の気持ちにしっくりきて心地よいなと感じている
秋の夜長の午後11時です。

ここが空白となっていた3ヶ月間は
巷では最早公用語の如き使われ方をしている新造語「リア充」の日々で
72本のLIVEとその他諸々。
国内・国外問わずいろいろな所へも行き
これぞクライマックスと思えるような瞬間を何度も体験し
それらを通じて得た自分の中の確信に肉薄してきた気もしていて
次の瞬間こそが待ち遠しい
そんな情熱にくるまれて眠る日々です。

スピリチュアルというのは作品が持つ世界観なのではなく
アーティストの姿勢を表す言葉なのだと思うにつれ
作品ごとに提示(内包)されるテーマも
演者の歩んだ道のりを越えることは出来ず
ゆえにその姿勢こそが最大のテーマなのだろうなと
そこに顕れる全ての根源たる自分を見つめなおせば
おのずと進み方も音も変わってゆくものだなと。

そんな3ヶ月を過ごせたいま
それを糧に明日に進めること
自分を支えてくれた多くの皆様に心から感謝しています。
どうもありがとうございます。

トラックパッドが常に何かをドラッグして放さない状態になってしまったPCも一新し
これまで通りの頻度で【NOTES】更新してゆく所存でありますので
よろしかったらまた読みに来ていただけると嬉しいです。

かなりおおざっぱにではありますが
3ヶ月の大切な思い出の一部を
写真で追想してみることにします。
11.10.23 月日は百代の過客にして_e0038558_2372126.jpg
7/30(土)青森・南郷Jazz Festivalに出演した「5Cats & Woong San」
個性際立つツワモノ揃いのサウンドを射抜くようなウンサンの歌声は衝撃だったな。

11.10.23 月日は百代の過客にして_e0038558_2314334.jpg
8/21(日)名古屋BlueNoteでのMusic of SFKUaNK!! 2ndセットでのミラクルは
きっと一生忘れない。自分と仲間とまわりの人の力を信じきる気持ちが不可能を可能にした瞬間。

11.10.23 月日は百代の過客にして_e0038558_23263811.jpg
9/3(土)アメリカ・デトロイトJazz Festivalに出演したVeritical-Engine。
街じゅうの人が分け隔てなく様々な音楽を各々の気持ちで楽しんでる姿がとても自然で好きだ。

11.10.23 月日は百代の過客にして_e0038558_23364674.jpg
10/20(木)倉敷Avenueにて関西での演奏を締めくくったDosLunaツアー。
音楽、LIVE、出会い、人生。この旅で教わったことの多さと大切さは計り知れない。




                                 by ken_ota | 2011-10-23 23:45
by ken_ota | 2011-10-23 23:45
<< 11.11.21 横から縦へ 11.07.06 “Family” >>