人気ブログランキング |

14.11.17 ハッピーなビジョン

週末の二日間続けて出演した関内「KAMOME」。
昨日はその10周年を祝うスペシャルLIVEでした。

ギター好きで小沼ようすけクンや荻原亮クンと知り合い
その後LIVEで大槻“KALTA”英宣クンや僕も親しくなった佐々木さんが
2004年にオープンした同店は
その年の11月18日に僕が杮落としのLIVEをやらせていただきました。
まだ自分のCDもリリースしてない僕にとって
いちJAZZ CLUBの最初のLIVEなんて身に余る光栄というか
そんな大役を引き受けいいものかと言う感じですが
そこは若気の至りの力を存分に借りまして
果敢にもあれこれ演奏したのを憶えています。

その日も一緒だった盟友、大槻カルタ君は
ここ数年、横濱Jazz Promnadeの後夜祭的な感じでやっている
「3日目(笑)」スペシャルLIVEなど
KAMOMEのアニバーサリーLIVEの仕切りといえばこの人!のような顔役になっていて
毎度ながらそのお祭り男な名仕切りっぷりには感心させられております。
高校時代の「文化祭実行委員長」の肩書きは伊達ではありません。

彼のバンド“Vertical-Engine”に参加させてもらってる時もそうですが
ステージに乗るミュージシャンの数が多いと
9割がた即興で進行してゆくJAZZという音楽の
次の瞬間の行き先を全員に指示するのはなかなかに大変なことで
それが演奏中、常に両手両足をフル稼働させてGrooveを支えているドラマーならばなおのこと。
もう演奏で使ってないのは顔くらいで
声も届かないステージ上で後ろの方から表情一つで指示を出すのはそれはそれは難しい。

というわけで、気心知れた僕が彼に変わってステージ上の皆さんに合図を出したりしてるのですが
それは一見、演奏中のことは僕が決めているように見えるかもしれないとも思うので
誤解の無きよう、一つこの場を借りてご説明させていただこうかと。笑

リハ中、演奏中、選曲中、ゴハン中(?)、大体一緒に行動をしていると
カルタ君のその日その場のビジョンが見えて来て
特別意識して感じていないまでも
彼の「こうしたい」と思う絵図の主旨が伝わってきます。
それはいつも大抵、音楽が良い方向に進むハッピーなビジョン。

作家と脚本家の役割分担というと言い過ぎかもしれませんが
彼が思い描くビジョンを現場で各人にわかりやすく伝えているのが僕、ということで
プロットをたてているのは彼なのです。本当に。

間違いなく良いと思える行き先が見えるから
「こっちに行けばいいみたいですよ」と伝えられる。
演奏しているときも、していないときも
そんなビジョンの素晴らしさをそこここに感じた
幸せな10周年ライブでした。お疲れ様、大槻カルタ英宣お祭り番長。

オーナー佐々木さんの10年続けた弛まぬ努力
その下で力を尽くしてきたスタッフの皆さん
それに呼応していい演奏を繰り広げてきたミュージシャン
夜な夜なそこに足を運んでくれた皆様

関わった全ての人の気持ちが
共にいい空間と時間を演出してきた10年=3650日だったと思います。
その一員で居られて本当に良かった。

おめでとう&ありがとうございます。
これからもKAMOMEと
そこに携わる全ての人に幸あれ。

14.11.17 ハッピーなビジョン_e0038558_11433217.jpg
by ken_ota | 2014-11-17 11:43
<< 15.2.27 色褪せない記憶 14.11.17 美しい人 >>