人気ブログランキング |

08.10.26 カーテンコール

08.10.26 カーテンコール_e0038558_18455676.jpg過ぎた時間はあっという間に思えるもので、
どんな記憶も穏やかなオブラートに包まれて
片っ端から『いい思い出』に変換されて
記憶のDATAファイルに保存されるのが常ですが、
この10月は、簡単にはしまえそうにない、
ヤケドしそうに熱い瞬間がいくつもあって、
現時点で公表できないものはまた後日に書きますが、
いくつか演奏の内側の気持ちをご報告してみようかと。

先々週末の“SWINGROOVE”2Days@御茶の水&六本木は、
ピアノに初参加の菱山正太クンを迎えてのLIVEでしたが、
MotionBlueYokohamaで初めて一晩一緒に演奏した時に感じた
強い衝動にやはり間違いはなく、
今回も、そのとても深いピアニズムに感銘を受けました。
音の素晴らしさを文章にすることほど難しいことはないと思いますが、
彼のピアノが、聞く人の脳裏に描くものは、
音楽という時間芸術から入って映像的な立体芸術に及んで
トータルで自らのアートを具現化しているような感じで、
マイルス・デイビスがビル・エバンスを見つけた時は、
こんな気持ちだったのかな?と思ってしまうような、
カルチャーショックな二夜でした。
いま現在、僕が好んで見たり聴いたりしているものとシンクロする
何かを持つような気がする彼と、11月12月も一緒に演奏する機会が
あることをじんわりと嬉しく思っています。

昨日は、御茶の水に行く際にいつも横目で見ていた
明治大学の大きなホールでの『お茶の水JAZZ祭』に出演してきました。
この催しは、その制作過程から本番に至るまでをドキュメンタリー的に
撮影されていて、12月に一つの番組としてBSフジで放映されるそうですが、
あの、現場のピリっとした緊張感の中にも暖かさのある感じは、
ぜひTV画面を通じてでも皆さんに味わってもらいたいものです。
これに関わる多くの人が、自らの気持ちで尽力するその原動力は、
決してビジネスでは無く、愛情を注ぐに値する偉大な『人』にあるということ。
プロデュース兼、司会進行権、アーティストであった
宇崎竜童さんと阿木燿子さん夫妻の人間力には、本当に目を見張るものがあります。
出演したジャズミュージシャン&フラメンコ舞踏家の皆さんやスタッフ、
来場したお客さん一人一人の人間力は、二人のフラグシップのもとに、ものの見事に集約され、
終演時にはカーテンコール&スタンディングオベーション。
客席から舞台を、舞台から客席を讃え合うその愛情の循環が生み出す
物凄い空気の中に居て、身体が浮遊しそうになるような感覚と、
人が人を生かす、大きなチカラのようなものを感じました。
自分が使う譜面台に、
自分の名前が記されているのを見たのは初めてです。

10月の関東での演奏を気持ちよく締めくくれたところで、
水曜から旅に出ます。
盟友・大槻カルタ英宣(ds)の初リーダーツアーで、
静岡-名古屋-広島-下関-倉敷-大阪へ。
レギュラーメンバーで気合いの入った演奏をお聴かせ出来ると思います。
各地の皆様、ぜひフラっと聴きにきていただけると嬉しいです。
この秋は、バーチカルで逢いましょう。
by ken_ota | 2008-10-27 20:33
<< 08.11.04 エンジン全開ツアー 08.10.14 6バンド10... >>