人気ブログランキング |

<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

06.05.22 Mr.JB

06.05.22 Mr.JB_e0038558_494028.jpgPCの検索サイト“Google”のロゴが、季節やイベントなど、タイムリーなイラストを絡めてくるのが好きですが、ゆうべはそこに『シャーロック・ホームズ』が居てびっくり! なぜだろう?と思ってクリック。
そっか。5/22は『ホームズ』の作者、アーサー・コナン・ドイルの誕生日だ。
やるな、“Google”。自称シャーロキアンの僕も、これには唸りました。

小学生の頃、『シャーロック・ホームズ』(以下『SH』)を読んで文学にハマった口です。ある意味、自分の原点の一部かもしれないな。
ホームズの論理的な推理とか、英国紳士ならではの騎士道精神とか、好きです。
口調なんかも(日本語訳だけど)影響受けたりしてるかも。その後、各国の文学を読みあさる文学青年(?)だったわけですが、時々、原点『SH』に戻って再読したりもして。いつ読んでも『SH』は僕の心をとらえて離さない魅力ある作品です。

原作や関連本を一通り読んだあとで、ハマったのがNHK-TVで放送された『シャーロック・ホームズの冒険』(以下『グラナダSH』)。イギリスのグラナダTVが制作したTVドラマ版『SH』で、これがまた、秀逸なんですよ、もう。
原作をそのまま映像にしたと言っても過言ではないほど、ドイルの原作に忠実に創られていて、本を読んで頭にイメージしていたものを、そのまま見ているかのよう。今、TVに映っている彼こそが、
本物の『シャーロック・ホームズ』だ。と思ってしまう。『The Man Who Became Sherlock Holms』
(シャーロック・ホームズになった男)という本も出たほどの名優、Jeremy Brett(ジェレミー・ブレット)は、
世界中で最も多くの人が思い受かべるホームズの姿かもしれません。

最近、この『グラナダSH』をちょこちょこDVDで鑑賞(再?再々?)してたんですが、ドイルの誕生日だった昨日、
全作を観終えました。うーん満足。今回は、この『グラナダSH』に関する本も買って、このシリーズが秀逸な理由も理解したので大満足。『自分がスポンジだとすると、自分という液体を外に搾り出して、演じるその人物の液体を中に入れていくという手法だ』とはジェレミーの弁。『ホームズを演じる』のではなく『ホームズになる』という信念でやっていたようです。そのせいで、彼の性格に、今までは表出していなかった『ホームズ』的な一面が台頭するようになり、苦悩していたようでもあります。でも、どこへ行くにも『SH』の原作を手放さず、撮影以外でもベイカー街のホームズの部屋(セット)の中で過ごすことも多かったという、その徹底した、人生を賭けた俳優魂には本当に感服。

ホームズ役を依頼された当初、ジェレミーは『多くの俳優により演じ尽くされたこの役をなぜ私が今さら…』と躊躇したそうです。(彼はホームズを演じた117番目の俳優)。でも原作を読みなおして『未だ表現されていないホームズが居ることに気づいた』と。そして自分を賭けた。
自分の時間、のみならず、心から自分の全てを賭けて演る芸術創造だからこそ、
多くの人の心に残る、特別な魅力を放つものになったんだな。

『もし、このような 神聖な金字塔に挑戦するならば、
 その塔を登ってみようとすることが、一番よいのだ。 -Jeremy Brett』
by ken_ota | 2006-05-23 04:03

06.05.20 再会

06.05.20 再会_e0038558_3334522.jpgここ数日、昔なじみの人と再会する機会がいくつかあったのでご報告。

pianistのsayaさん。は僕の大学の頃のサークルの先輩で、
その頃も綺麗でしたが、相変わらず綺麗でした。
18歳の頃から知っている/知られているせいか、どうもsayaさんの前では
借りて来た猫のようになってしまう僕(苦笑)。
竹を割ったように潔い性格も相変わらずで、魅力的です。アメリカ在住なので、なかなか会えないですが、元気そうでナニヨリ。

ゆうべのプチ・ラジオジャックではゴスペラーズの村上君と再会。
黒沢君とは去年《Soul Searchin' Talking》というイベントで共演(2005.6/28【NOTES】 参照)したので比較的近い再会でしたが、
村上君は、いつ以来だっけなあ?
最初に知りあったのは20歳くらいの頃だっけ。きっかけは早稲田祭。
その学園祭で僕の在籍したサークルは、一つの講義室をJazz Club風に仕立ててLiveをしてました。前夜祭という大きなステージでのLIVEにも出たなあ。
自分の演奏時間以外は、先輩の演奏を聴いたりもしたけど、
他のサークルのLIVEなんかも聞いてまわってました。
そうだ。ある校舎の屋上で、楽器の伴奏無しにアカペラでコーラスしながら歌うLIVEに遭遇し、
素晴らしかったのでずっと聴いてたんだ。“Street Corner Symphony”という名のサークルでした。
男女混成のgroupも居たけど、男性6人で歌ってたgroupが一際目立って異彩を放っていたような。そのgroupは“Gospellers”という名前だった。LIVE後、そのリーダーと話したら、彼はJazzが大好きで、僕の演奏を聴いたと言って
『お互い聴き合ってたんだね』ってことで。学食でゴハン食べながら、熱く音楽を語ったりもしたなあ。

その後、TOKU(vo,flh)と深夜食のために入ったファミレスでばったり会ったり、
小沼ようすけ(g)のRecordingの時にsonyのスタジオでばったり会ったり、
再会やニアミスを繰り返してたけど、よく考えたら、一緒に音を出したことはなかったな。
だから、ゆうべのTFMの番組でのsessionが『初共演』。
再共演となる黒沢君と、初対面の吉弘千鶴子さん(p)も交えて4人で演奏しました。

嬉しかったなあ。ホント。
人の絆は、個人個人の思いと記憶で出来ている気がするけど、
一緒に何かを創れる絆が自分にあるってことが、嬉しい。
こういう絆は、たくさんたくさん持てたらいいなあ。

TFMゲスト出演後にFM横浜の番組にもゲスト出演。
こちらは親友・松永誠一郎が構成/選曲に携わる番組です。これも『絆』。

僕は友達や知り合いに恵まれて、シアワセだな。
by ken_ota | 2006-05-21 03:33

06.05.10 ツアー終了&その後

06.05.10 ツアー終了&その後_e0038558_4424922.jpg“Swingroove”ツアー、ひとまず終了。
来ていただいた多くの皆さん&各LIVE Houseのスタッフの皆さん、
どうもありがとうございました。自分のBANDでこれだけ続けてLIVEをやったのは
初めて。楽しかったなあ。次につながる課題もいくつか発見できたし、
一歩一歩、着実に前に進んでる気がします。

さて、その後。LIVE続きだったからちょっと骨休め、かというとそうでもなく、
あれこれ活動しています。

昨日(5/9)は、FM横浜“Jazzy Night”ゲスト出演収録のため、みなとみらいのランドマークタワーへ行き、
その後、赤レンガ倉庫のMotionBlueYokohamaに移動。届け物した後、海を見ながら軽食&写真撮ったりして、
WEBsite打ち合わせの為また移動。夜は青山に移動してBlueNoteTokyoでBranford MarsalisのLIVEを聴きました。
内容はかなりアブストラクト。 すごい演奏だったなあ。

今日(5/10)は、AudiのShowRoomで取材&撮影。その後、馬車道に移動して【KAMOME】でLIVE。今夜のカルタsessionは、石崎忍クンと2alto sax。昨日のBranfordも、今日の石崎クンも、前回聴いたときより演奏が更に良くなっていると感じました。皆きっと、音楽的に濃密な時間を過ごして進歩してるんだな。僕も、もっと精進せねば。

最近『初めてのこと』をいろいろ経験しています。
CD(リーダー作)をリリースして、自分の立場が変化したことによるものが多いのだけれど、
そうしたいろんな『初めて』を経験して、心境もだいぶ変わって来ました。
どんな感じか、言葉で説明するのは難しいけれど、あえて言うなら『カラダの皮膚が少し厚くなった感じ』?
ウマく伝わらないかな? この感じ。

敏感に色々なことを感じ取れるようになっているけれど、
それに左右されていた『ココロ』は前より強くなっている。
折れてしまいそうになるくらい、風を受け止める葉が増えても、
太くなった幹は、決して折れない。

木が育ったということ。

気が育ったということ…かな。



《お知らせ》
5/20(土)FM番組に連続ゲスト出演します♪
【22:00-23:00】 TFM (80.0MHz) 『ゴスペラーズ SOUL CONNECTION 』
http://www.tfm.co.jp/soul/
【25:00-29:00】 FM横浜 (84.7MHz) 『YOKOHAMA JAZZY NIGHT(DJ:ゴンザレス鈴木)』
http://www.fmyokohama.co.jp/onair/program/Jazzy/index.shtml

プチ電波ジャック?(笑)  この『初めて』もぜひ聴いてみて下さいね。
by ken_ota | 2006-05-11 04:42