人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

07.03.14 Talk with Kenny Garrett

07.03.14 Talk with Kenny Garrett_e0038558_1583935.jpg先月の『アルトweek』(07.02.11【NOTES】参照)で報告した
Kenny Garrett(ケニー・ギャレット)との対談が掲載されたJazzLife誌4月号が
発売になりました。
僕が最初に憧れたJazz Sax奏者はJulian“Cannonball”Adderleyですが、
その存在を知った高校生の頃には既に、Cannonball(キャノンボール)は
他界しておりまして、生でその演奏を聴くことは叶わない夢。
その後、いろいろなsax奏者を聴き進めるなかで、
いま活躍する同時代プレイヤーにも興味を持つようになり、
好きだなあ、と憧れるようになったのがKenny GarrettとVincent Herring。
CDを聴いて憧れ、生演奏を聴いてノックアウトされ(笑)。
幸い僕は、この二人の個人レッスンを受けることができました。

そしてミュージシャンになったんですが、
その後、なんとVincentとは同じステージで一緒に演奏する機会があって。
いやあ、あの時は緊張したなあ。紛れも無く師匠の一人ですから(苦笑)。
Jazz Saxの奏法を最初に師事した池田篤さんとも同じステージで演奏しましたが、
やはり師の前で演奏するのは何ともドキドキするものです。

Kenny Garrettは現代のJazzアルトサックスの第一人者で、
David Sanborn以降、最も大きな影響力を誇るアルト奏者であることに異論を唱える人は居ないでしょう。
僕の師であり、アイドルでもあるKenny Garrettとの対談。
こんな日が来るとは夢にも思っていなかったけれど、やってきました。
二人で一緒に写った写真とこの記事は、僕の人生の宝物の一つです。
ぜひ読んでみてくださいね。

いつか彼と共演出来る日を目指して、これからも頑張ります!!!!!

ちなみにこの対談を、僕の二人の友人(松永誠一郎:進行・文章、湯山恵子:通訳)と一緒に行えたのも
感慨深かったなあ。しかも同じ号に、師・池田篤さんのsaxブレス講座も掲載されてるし。
人の縁って、凄いですね。

そうそう、僕の二つのBAND“ORGANIC”&“Swingroove”の『W・浜』LIVEが近づいてきました。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
3/29(木)“ORGANIC”@舞浜【IKSPIARI】
太田剣(sax)金子雄太(organ)坂本竜太(bass)大槻カル太(drums)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
4/1(日)“Swingroove”@横浜【MotionBlueYokohama】
太田剣(sax)村井秀清(piano)鳥越啓介(bass)大槻カルタ(drums)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
両日、全く違う感じ&楽しいLIVEになると思います。
ぜひ聴いて下さいね〜♪
by ken_ota | 2007-03-15 01:58

07.03.05 Thank You,JAKARTA.

07.03.05 Thank You,JAKARTA._e0038558_124915.jpg…と、Tortured Soulのリーダーがライブの最後に叫んだ瞬間、
僕も同じ気持ちだってことに気づきました。

初めて会った多くの人々にいろいろ助けられながら、無事にライブもでき、
充実した3日間を過ごすことが出来ました。
ホントに多くの大切なことを学んだなあ。
この経験を活かして、また明日からがんばるぞ!というやる気を胸に、
帰国の途につきます。

Thank You,JAKARTA.
by ken_ota | 2007-03-06 01:02

07.03.05 カルタin ジャカルタ

07.03.05 カルタin ジャカルタ_e0038558_18133517.jpg大槻ジャカルタ英宣@インドネシア独立記念塔前です。
さっきまで快晴でしたが、今はまたスコールで雨宿り中。
雨季はタイヘン。

これから皆で塔のてっぺんに登ってみます。
ジャカルタの街を一望できるかな~?
by ken_ota | 2007-03-05 18:13

07.03.04 ライブの後は…

07.03.04 ライブの後は…_e0038558_2333081.jpg
SF jazz Collective(ジョシュア・レッドマン、ボビー・ハッチャーソン他)や、
Tortured Soulのライブで心もカラダも心構えもアガリまくり。
いやー、こんなに一度にいろんな音楽を体感できてホント楽しいなあ。
ジャカルタ最高!

あちこちの会場を行き来してると途中に足つぼリフレクソロジーが!
本格派な感じに惹かれ、雄太、カルタ、僕の3人で体験しちゃいました。
そしたらこれが気持ちいいのなんのって、もう!!!

快感に唸る二人&僕の足(失礼!)です。
足つぼ押されるのも最高!!!!!(笑)
by ken_ota | 2007-03-05 02:33

07.03.04 ステージに殺到!?

07.03.04 ステージに殺到!?_e0038558_1595126.jpg
小沼ようすけnu jazz4@ジャカルタのステージは、
僕らが未だ体験したことのない感じのものになりました。
おそらく聴いてる人々のほとんどが初めて聴く音楽で、
しかも彼らにとっては『海外の音楽』。
未経験のものがその場で感覚(直感)で判断されるわけです。
これはなかなか出来ないイイ体験だなあ、
とステージに立った瞬間に感じました。

演奏が進むにつれ、人々の反応も強くなってゆき、
最後の曲ではステージ前にスタンディングのお客さんが殺到!!
『座って下さーい』と聴衆を制止するスタッフさんも出る始末(笑)
熱狂するジャカルタの人々の拍手に包まれ、興奮のライブが終わりました。

昨年夏のオーストラリア・ツアーの時も、今日もそう。
国も人種も言葉も違うけれど、気持ちは通じた。音楽で。
それはやっぱり凄いことだと思いました。

ようすけ君、初海外公演おめでとう&オツカレさま&ありがとう♪
by ken_ota | 2007-03-05 01:59

07.03.04 サウンドチェック中

07.03.04 サウンドチェック中_e0038558_16151894.jpg先程、スコールがありました。見たことない雨の降りかた。
突然、窓の外が真っ白になり何も見えなくなってビックリ。
でもそれは一瞬の出来事で、今は普通の空模様だからさらにビックリです。

只今サウンドチェック中。この後、ライブが始まります。

小沼ようすけnu jazz4初の海外ライブ!!
楽しくなりそな予感がします。乞うご期待!!
by ken_ota | 2007-03-04 16:15

07.03.03 アジア最大のJazzFes.

07.03.03 アジア最大のJazzFes._e0038558_4452362.jpgバリのデンパサールで飛行機を乗り継いで、ジャカルタに着いたのは夜の9時。
空港からホテルまでの送迎は何故かAudi A4で、とっても快適でした。
年が変わっても、国が変わってもAudiに縁があるようです。

今回出演する『JAVA International Jazz Festival』は3日間に渡って開催され、
一日に同時進行するライブ会場は13ヶ所、出演アーチストは総勢70組を越える、
世界でも稀に見る大規模Jazzイベントです。
なので夜の到着でも、たくさんのアーチストの生ライブを聴くことが出来ました。
マーカス・ミラー、ジェフ・ローバー、エリック・マリエンサル、
チャカ・カーン、小野リサ…などなど。
中でも、チャカ・カーンの圧倒的な素晴らしさには心底ヤラれちゃったなあ。
タイトで完璧なバンド・サウンド、踊りださずには居られない余裕たっぷりのグルーブ、
頭のてっぺんから足の先までカラダが鳴りまくっているようなチャカの歌声。
何から何まで凄すぎです。
まるで武道館のような大きな会場でも全く淋しさを感じない圧倒的なサウンドと
ステージングは見事としか言いようのない素晴らしさで、
聴いてると、どんどん嬉しくなってゆくんです。あー、いいもの見ました。ありがとう、チャカ・カーン。

さて明日はいよいよライブ。ワクワクしてきました♪
楽しみだなあ。
by ken_ota | 2007-03-04 04:45

07.03.03 ジャカルタへ

07.03.03 ジャカルタへ_e0038558_10322336.jpgいってきまーす。

成田空港はひな人形がいい感じですよ。
by ken_ota | 2007-03-03 10:32