人気ブログランキング |

<   2007年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

07.08.26 Mr.Clarinet

07.08.26 Mr.Clarinet_e0038558_931275.jpg藤家虹二さん。
日本ジャズ界をずっと支えて来た偉大なクラリネット奏者である藤家さんの
演奏を聴いたあの夜から、僕のサックス人生が始まりました。
僕は小学生で12歳。藤家さんは49歳。
その藤家さんに昨日、再会することが出来ました。ミュージシャンとして。
嬉しかった。

父の勤務するリゾートホテルで行われた藤家さんのライブを聴くまで、
クラリネット、というか木管楽器を観たことも聴いたこともなかった。
当時、マーチングバンドでトランペットを吹いていた僕は、
他にトロンボーンとユーフォニウムしか管楽器を知りませんでした。
中学校に入ったらギターを始めようかな?と思って、
町の楽器屋で楽器の総合カタログをもらって、
いろんな楽器の写真を見てウキウキしていた僕に、
あの夜の、藤家さんのスイング・ジャズは衝撃的なものでした。

何をやっているのか?メロディなのか、アドリブなのか?
何も知らず、何もわからなかった僕の耳に
その素晴らしい演奏が飛び込んでくる。
クラリネットっていいなあ、と木管楽器の音色の魅力にとりつかれ、
帰りの車の中で子供心に『ギターはやめて、クラリネットをやろう』と
決意したのを憶えています。

その後、クラリネット→バスクラリネット→サックスと興味が広がり、
結局、中学で手にしたのはテナーサックスだったんですが、
藤家さんの演奏を聴いていなかったら、きっとギターをやっていたことでしょう。

昨日は、初共演させていただいた今田勝さん(p)のセッションの後に、
藤家さんのグループが出演。73歳の藤家さんの音色は、ますます磨きのかかったとても素晴らしいものでした。
ずっとクラリネットとともに生きて来た藤家さんの、人生の音。

楽屋で少しお話させていただいた時は、小学生の時の記憶がよみがえって、
緊張している子供のように、かしこまってしまいました。

一緒に写真撮らせてもらえばよかったー(苦笑)。
by ken_ota | 2007-08-27 09:31

07.08.16 類家クンとの4days

07.08.16 類家クンとの4days_e0038558_334781.jpg先週の木曜から8夜連続でLIVEしています。
明日あさってもあるので10夜連続。
8本のうち、最初の4日間はフロントは僕のサックスだけの1ホーン編成で、
その翌日から今日までの4日間は3管&2管の、複数ホーンズでした。
4日間ずっと一緒だった、トランペットの類家心平(るいけ・しんぺい)クンと
『4daysお疲れ〜♪記念』の1枚を撮りました。

僕はトランペットから管楽器の世界に入ったので、
今でもトランペットが大好き。
サックスが入ってないトランペットの1ホーンCDも買います。聴きます。
名奏者のトランペッターの楽器コントロールの凄さには、本当に感動。
それくらい難しい楽器だと、子供の頃に思いました。
そのトランペットを楽々と吹きこなすトランぺッターを隣で見ているのは、
個人的に、とても楽しい時間です。ホント、凄いなあって思うんですよ。

類家クンは、トランペットを3年かじっただけの僕なんかが言うのもおこがましいですが、
『バテ知らず』の強者。普通、一晩2ステージ、あれだけバリバリ吹いたら、
唇が緩んで(『開く』と言いますが)音が割れ気味になったりしてもおかしくないのに、
彼のそういう姿を見たことも、そういう音を聞いたこともない。
いやあ、たいした技術と精神力です。脱帽です。
僕の同世代では、意外とトランぺッターが少なくて、少し下の世代に類家クンが居て、
もっと下に、これまたモノ凄い広瀬未来(ひろせ・みき)クンというトランぺッターが居ます。
広瀬クンの音楽性や演奏力は、とても20代前半とは思えない成熟度で、
既に大物の予感すらうかがわせる素晴らしいトランぺッターだと思います。必聴です。

特攻隊長的役割を担うことが使命とも言えるトランペットは
サックスとともに、昔からジャズの花形楽器。
頼もしい後輩の存在に未来への希望を感じた4日間でした。
昨夜と今夜、飛び入りで叩いてくれた11歳の平 陸(たいら・りく)クンのドラムも良かったし。
ジャズは、音楽は、まだまだ、まだまだまだまだ続いてゆく。ずっとずっと。
その1ページに、たしかな素晴らしい音を残せるよう、僕も頑張ります。

今週来週の土曜は“Swingroove”!!
御茶の水【Naru】(8/18)・日立【George House】(8/25)で、一緒に盛り上がりましょー♪
ぜひぜひ♪♪
by ken_ota | 2007-08-17 04:03

07.08.05 夏の“SFKUaNK!!”

07.08.05 夏の“SFKUaNK!!”_e0038558_23444819.jpgMusic of SFKUaNK!!の野外コンサートが静岡・大井川でありました。
ワンマン・ライブでたっぷり2時間。ぶっ通しで続く怒濤のgrooveと熱いノリ。
『ああ、“SFKUaNK!!”だなあ』と思いましたが、
今回は、SFKUaNKツアーに参加しているいつものメンバーと、
昨夜SFKUaNKライブに初参加したメンバーが半々だったので、
その演奏内容も、いつもとはまた違ったカラーが出て楽しかったです。
やっぱり夏の野外ライブはいいですね。
芝生の前の大勢の人や、演奏中に、昼〜夕方〜夜と変わってゆく景色を見ていて
昨年の『Audi Music meets Art』を思い出しました。あの蝉の声も。

来てくれた皆さん、ライブ音にご理解いただいた近隣住民の皆さん、
どうもありがとうございました。

静岡まで行ったので、足を伸ばして愛知の実家に1泊。
未だに電車も走ってない土地だけあって、翌朝はもう、蝉の大合唱。
子供の頃から聴いていた夏の音はコレです。
うるさいくらいの音量なんだけど、嫌いじゃないんだなあ。
夜に聴く、蛙の大合唱や、鳥の輪唱も、みんな僕の好きな自然の歌声。

ここで、夏のスペシャル・ライブをいくつかご紹介です♪
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
●8/25(土)日立【George House】
http://www.george-house.com/

茨城県日立市のとても素敵なライブ・ハウスに太田剣“Swingroove”2度目の登場。
音も、お店の雰囲気も、マスターの人柄も最高です。ぜひ!!
personnel:村井秀清(piano)鈴木正人(bass)大槻“KALTA”英宣(drums)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
●9/7(金)舞浜【Club IKSPIARI】
http://www.clubikspiari.com/

千葉県舞浜市のディズニー・リゾート内にあるシックでモダンな気品あふれるライブ・ハウスで
久々の太田剣“ORGANIC”。『sax+organ=???』サウンドに乞うご期待!!
personnel:金子雄太(organ)坂本竜太(bass)大槻“KALTA”英宣(drums)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
●9/20(木)大泉学園【ゆめりあホール】
http://www.neribun.or.jp/oizumi/

練馬区大泉学園にあるコンサート・ホールでの太田剣“Swingroove”です。
ライブハウスとはまた違った美しい響きをぜひ堪能して下さい♪
personnel:村井秀清(piano)鳥越啓介(bass)大槻“KALTA”英宣(drums)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

皆さんぜひ遊びに来て下さいねー♪♪♪
by ken_ota | 2007-08-06 23:45