人気ブログランキング |

<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

07.10.21 素敵な関係のブルース

07.10.21 素敵な関係のブルース_e0038558_4202810.jpg大隅寿男さん(drums)の新作『New Deal』の
発売記念コンサートがありました。
サックス二人、ピアノ二人、ベース二人、ボーカル二人。
…でドラムは今夜の主役一人。
同じ楽器が一緒に演奏することでわかる、音色の違い。
楽器の音じゃなくて、『人』の音なんだな、やっぱり。
だから音には、人格/性格/理想/思いなどなどが、
そのまま出るんだ。
自分を表す音。音で記憶される自分。
暖かい人は、暖かい音を出すんだと、そういうことなんですね。

大隅さんの明治大学時代の音楽サークルの先輩が
宇崎竜童さんだということは以前も書いたけれど、
『聴いてくれたり支えてくれる皆さんと、
素敵な仲間達のおかげでこういう音楽人生を送ってこれました』
とステージで語った大隅さんと、
そういう後輩のステージに度々友情出演を快諾する宇崎さんは、
音楽という素敵な関係で結ばれた大切な仲間なんだと、思いました。

先日見た『The Quartet』@国際フォーラムのステージでも、
ハービー・ハンコック/ウェイン・ショーター/ロン・カーター/ジャック・デ・ジョネットという
素敵な仲間達の再会を、
彼らの音を愛した聴衆が共に喜びあうような、そんな空気を感じました。

知り合って、全力で音楽に向き合って、そういう同じ気持ちで同じ時間を過ごして。
何年も経って、離れたり、何十年もして、また一緒に音楽をやったり。
僕も、今の仲間達とそういう良い関係が築いてゆけるかな?
そんな風になれたら、それはとてもシアワセなことだろうな。

今夜の『ヨコハマ・ホンキートンク・ブルース』は、
宇崎さんと大隅さんの、素敵な関係のブルースでした。

その素敵な音楽仲間達のライブのその後はというと…美味しいイベリコ豚の会でした。
(左から)納谷嘉彦・安ヶ川大樹・ハクエイキム・宇崎さん・大隅さん・井上陽介・僕です。
敬称略で失礼しましたが、いいライブと美味しい食事のせいか、
皆さんイイ顔してますねー♪
by ken_ota | 2007-10-21 04:15

07.10.13 キンモクセイの雨

07.10.13 キンモクセイの雨_e0038558_1343719.jpg多感になる季節なのか、多感な年頃(?)なのか、
日々、いろいろなことに心が揺れる今日この頃。
今日のLIVEの帰り道。小雨が降っていて、
車を降りて小雨の中を歩いていると、キンモクセイの香り。
やさしく降る雨が香っているようで、とても心地よかったなあ。

雨と言えば。
一番最近作った曲は、“SUN”と“RAIN”。タイトルはまだ仮のまま。
一晩で2曲、ほぼ同時にできました。

“SUN”はオルガンの、“RAIN”はピアノのサウンドのイメージ。
今夜のキンモクセイの雨は、“RAIN”のイメージよりちょっと暖かいかな?
“RAIN”は“Tears roll down with Rain”みたいな感じのイメージの曲。
LIVEで、聴いてもらえたら嬉しいです。

そうそう、オリジナル曲と言えば、
10/15より『フォアローゼズ』のサイトにて、
先日の舞浜【IKSPIARI】でのライブ映像がON AIRされます♪
僕の曲“Ondizlick”(年内)と“Watch after You”(年明け〜)の
“ORGANIC”バージョン。そちらもチェックしてみてくださいね♪
http://www.roseslive.jp/index.html
by ken_ota | 2007-10-13 01:59

07.10.08 12時間マラソン・ライブ

07.10.08 12時間マラソン・ライブ_e0038558_3361997.jpgこんなにたくさん演奏したのは初めてじゃないかなあ?
長い長い、長い一日でした。10/7日曜日@KAMOME。
でも。楽しかったー♪音楽的にも、凄く充実してたと思います。

日本でも最大級のJAZZイベント『横浜JAZZプロムナード』。
今年も二日間・120会場で演奏が繰り広げられていたようですが、
僕はホール・JAZZ CLUBの二カ所で演奏しました。

初日の大隅寿男Quintet@開港記念会館では、
近藤和彦さんと2アルトでJAZZスタンダード曲を演奏。
同じ楽器2人って燃えます。
そして、なんと宇崎竜童さん(vocal,guitar)も突然飛び入り!!
さすがに『ヨコハマ』似合いすぎます。歌もゴキゲンでした♪
ライブ後、中華街でごちそうになっちゃったりして、横浜満喫の初日。

そして二日目。告知どおりのマラソン・ライブ。
3:00pm〜 ▼大槻“KALTA”英宣(ds)Vertical-Engine
7:00pm〜 ▼太田剣SWINGROOVE
11:00pm〜▼小沼ようすけ(g)Quartet&Session

僕とカルタは3バンド×2ステージ=6ステージぶっ通し。
前夜までは『さすがにキツいかな〜??』なんて思ってたんですが、
演奏していて疲れとか、全然感じなかった。
どのバンドも、どの演奏も楽しくて、疲れた気持ちとか無かったなあ。
ぎゅうぎゅうぱんぱん立ち見も出る中、一生懸命聴いてくれているお客さんや、
慌ただしい状況の中でもしっかり動いてくれているお店のスタッフ。
ミュージシャンも後先考えないキレっぷりたっぷりの熱演(笑)。
いや〜シアワセ。本当に幸せな時間が12時間…
そう、12時間!!!!!!!!!!!! (←『!』12個)
カルタのバンドが始まったのが3:00pm。
ようすけのセッションが終わったのが3:40amくらい。
脅威の12時間越え。
昨日、KAMOMEに来てくれた皆さん。
聴いてくれた皆さんに感謝します。本当にどうもありがとう。ありがとうございました。

ライブ後におかしなテンションになっている4人の写真です。
またやれたらいいなあ♪
by ken_ota | 2007-10-09 01:56

07.10.05 ON THE GINZA

07.10.05 ON THE GINZA_e0038558_343494.jpg今日の【NOTES】のタイトル↑のわけは…

▼今日は銀座ソニービルでプレス&関係者のみのライブをやって、
▼銀座『コットンクラブ』でロバート・グラスパー(p)のライブを聴いた。
▼そうそう、来月11/3(土)&4(日)は
銀座インターナショナルジャズフェスティバルに2日間出演します。
皆さんぜひぜひ〜♪(【INFO】&【LIVE】更新しました。【CD】も追加!!)
▼高校生の時に、銀座でクラシックのsaxのレッスン受けてました。
▼『ON THE GINZA』はアート・ブレイキー(ds)&Jazz Messengersの
『UGETSU(雨月)』に収録されている曲の名前なんですよ。
▼その曲を作った巨匠ウェイン・ショーター(ts)74歳が再来週、
ハービー・ハンコック(p)と一緒に銀座『国際フォーラム』に来る!!必聴!!!
▼『UGETSU』のアルバムジャケットはコレです。

秋は『銀座で』JAZZが熱い!?
by ken_ota | 2007-10-05 03:43

07.10.04 探し物は…

07.10.04 探し物は…_e0038558_1232291.jpg貝でした。
サックスのキーの指が置かれる場所には、丸い貝がつけられていて、
指心地よくなっています。それが無いものもたまにありますが。

貝は管体と同じ真鍮の輪(受け皿)にぴたっとハマっていて、
外れないよう接着剤で留められています。
が、、、
長い年月で接着剤が硬化し、接着のチカラが弱くなってくると、
貝がクルっと回るようになったり。
演奏中に回ると、気になるんですね、これが(苦笑)。
その度に、リペア工房に行って真鍮の押さえをキツくしてもらったりして、
お茶を濁したりしつつ、また吹き続けるんですが、
先週土曜日、御茶の水NARUでのライブでソロを吹いてる真っ最中に、
貝がポロっと外れました。そして紛失。
外れたキーを次に押さえた瞬間に異変に気づきましたが、
時すでに遅し。貝の行方はわかりません。
当然、床に落ちたと思い、ソロ後、ステージ後、ライブ後、念入りに探したんですが、
どこにもない。
『あった!』と思ったら、フリスクだったりして。
その日のライブは貝なしのままで。キーを押さえるたびに、真鍮の輪の薄いへりが
左手人指し指に食い込む違和感を感じながら一生懸命演奏しましたが、
翌日もライブ。さすがに、これはかなわん…と、リペア工房で新しい貝をつけてもらいました。
でも、39年前に作られたこの楽器の一部として、ずっと楽器と一緒だった貝です。
その貝だけ、どこかに無くなってしまうのは、
家族とか仲間が、ある日突然一人だけいなくなるような、
そんなとても寂しい感じがしてブルー。
買った日から15年近く、ずっと指を乗せていた貝なので。

それがなんと、意外な、意外なところにありました。
サックスのベルの中。盲点だったー。この中に落ちていたとはっ!!
どうやら落ちた拍子に、接着材の名残のせいで管体の内側に貼り付いてしまったらしく、
通常の管体掃除では出てこなかったんですが、
翌翌々日、楽器をしまう前にベルの中を除いたら白く光るものが…
『あーーーーーっ! 居た!!!』

よかったー。
やっぱりサックスと一緒でした。
キーにくっついた新しい貝は当分とれずに頑張ると思うので、
見つかった貝は、大事にとっておくことにします。
『オツカレサマデシタ。』(貝語で)

NARUで貝を探してくれた皆さん、どうもありがとうございました。
彼(?)はいまウチで眠っています。
by ken_ota | 2007-10-04 01:23