人気ブログランキング |

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

10.09.27 アートな時間

季節がようやく秋に変わったかな?と思ったら
もうアウターを引っぱりだしたくなるくらい肌寒くなって
先週の水曜は気温37℃、木曜は17℃って
とても同じ地域に住んでるとは思えないような。
日本の季節はこんなにも激しく変わるものでしたっけ?

この2週間=14日間でライブ10本。
お越しいただいた皆さま、どうもありがとうございます。
DUOもTRIOもQuartetも、はたまたLatin Quintetoも4管Septetも
いずれも楽しく、かついろいろ学ぶことも多く
やはりライブはいいものだなと実感した2週間でした。

音楽や本や美術作品などのアートを五感で感じて
吸収して、考える。そして自分をより理想的な自分にする。
そういう時間をたくさん過ごして自分を創ってゆくものの

そうして出来た?ような自分が
いざアートの場でどういうスタンスで存在できるのか?
それは頭の中の想像では完全に把握出来ないことで
実際にそのアートの現場で創造してみて初めて
感じたり理解できたりするもの。

だから僕にとっては
否、きっと多くの芸術家にとって
たくさんのアートを創造してみることが
自分自身のセンスとOUTPUTを高めてゆく
大切なプロセスなんじゃないかなと
思います。思いました。この2週間は特に。

8月9月で、今日までに43本ライブをやったけれど
すごくいろいろなことに気づいた。気づけた。
だからライブをやってよかったと、いつも思う。毎晩毎晩。


そんな熱い感じで今週は
9/30(木)福岡『BackStage』で
10/1(金)熊本『Nandie』で熊谷ヤスマサ(p)とDUOを。

1年半ぶりの九州、楽しみです。


ちょっと先ですが
11/2(火)横浜『MotionBlueYokohama』
太田剣Quartet“Unplugged Standard”feat.横田明紀男(g) 決定しました。

サックス、ガット・ギター、ウッド・ベース、ドラムという
生楽器の生音でのジャズ・スタンダードLIVE。
ひそかにマイブームでもあり、やってみたかったこのサウンド。

ぜひ聴いてくださいね♪


  
                              # by ken_ota | 2010-09-27 01:33
by ken_ota | 2010-09-27 01:33

10.09.12 夏旅の締めは四国で

10.09.12 夏旅の締めは四国で_e0038558_20223480.jpg
  ↑(与島PAから瀬戸内海のキラキラ光る海面を見る僕)
10.09.12 夏旅の締めは四国で_e0038558_20113674.jpg   
   (高知城天守閣から城下を見渡す小沼ようすけ)→
            電話する大槻カルタ   )→
            笑う山ちゃん      )→


この8月は日本海側の舞鶴から
本州最南端の下関まで
西日本をあちこち旅して回りまして
9月の旅では秋の風情でも感じるかと思いきや
何ら変わらない暑さの中、四国へ行ってきました。

四国というと高知出身のヴォーカリスト
越智順子さんのツアーで4県まわったり
4年前、しまなみ音楽祭へ出演したのを思い出しますが
小沼ようすけBANDの4人では初上陸。
愛媛MONK・高知Ringの2店と
広島(福山)TreeCafeUnpluggedで演奏しました。

小沼ようすけ“The BEST”ツアーは本年3回目。
1回目はフル参加。2回目はTRIO編成だったので不参加。
3回目の今回は途中からの合流。
愛媛での合流初日には
自分の参加していなかった日々に
10.09.12 夏旅の締めは四国で_e0038558_20115781.jpg3人が音楽的に発展してきたことを肌で感じ
2日目の高知でその空気感に馴染み
3日目の福山ではまた一緒に先に進んだ成果を
つかめたのではないかと思います。

  (これから入湯する道後温泉が楽しみな金子雄太)→

いずれもいい雰囲気のお店&スタッフと
各地で僕らを迎えてくれた暖かいお客様方々
そしてツアーメンバー
小沼ようすけ・金子雄太・大槻カルタ英宣と
マネージメントの山ちゃん、皆さんありがとう。

次は年末に4人で
第4弾・九州ツアーを敢行する予定です。

が、僕は一足お先の今月末、
●9/30(木)福岡Backstage
●10/1(金)熊本Nandie    に
熊谷ヤスマサ(piano)とのDUO LIVEで
行くことになりました!!!

博多近郊・熊本近郊の皆さま
ぜひいらしてくださいね♪


いい夏だったなあ。 あれ?写真だけ見たら観光旅行みたいだな(笑)



                                # by ken_ota | 2010-09-12 19:55
by ken_ota | 2010-09-12 19:55

10.09.06 オーストラリアJAZZ@東京JAZZ

10.09.06 オーストラリアJAZZ@東京JAZZ_e0038558_3315626.jpg今日は何だか身体がやけに軽やか、でも
ちょっとふらふらするなと体重計に乗ってみたら
60kgを下回りそうな雰囲気で
断食後でもないのに?と思ってここ数日を振り返って
はたと気づく。あんまり食べてなかった。
パン・お弁当・パン・スタミナ丼・タコス・ハンバーガー。
3日間で食べたのこれだけってことに気づかないほど
気持ちが満たされてたんだな。今年の『東京JAZZ』。

2006年には『小沼ようすけ&太田剣』
『Japan-Australia Jazz Orchestra』(JAJO)の
2つの公演で出演した『東京JAZZ』。
オリンピックかワールドカップか、
4年ぶりの出演の今回は、再び
オーストラリアのJAZZミュージシャンとの共演で
5Cats仲間、ハクエイキム君の師匠、マイク・ノック氏の
“TOKYO”BigSmallBandへ参加させてもらいました。
曲・アンサンブル・ピアノプレイ、その全てに
10.09.06 オーストラリアJAZZ@東京JAZZ_e0038558_332236.jpg氏の美学が息づいていて、それはとりもなおさず
オーストラリアJAZZの伝統の一部として
色濃く影響を及ぼしているものだと実感。
ミュージシャンとしての自分の創造性に人生を懸け
生まれた妥協無き音。音楽とは、その人そのものなのだと
音で教えられた気がします。

4年前に日本とオーストラリアを一緒にツアーした
フィル・スレーター(tp)との再会は
ただただ嬉しく、ミュージシャン同志というよりも
久しぶりに会った親友という感じで。
JAJOのマット・キーガン(ts)とサイモン・バーカー(ds)には
昨年、彼らが単身来日した際に会ってたから
(→マット →サイモン
フィルともまた会えて、一緒に演奏出来て本当に良かった。
彼は最高のトランぺッターの一人です。間違いなく。
相変わらず素晴らしい音だったなあ。

10.09.06 オーストラリアJAZZ@東京JAZZ_e0038558_333070.jpgハクエイ君と同窓のマット・オティニヨン(ts,fl)と
ベン(b)&ジェームス(ds)のウェイプルス兄弟は
今回知り合えた、新しい仲間。彼らも皆、素晴らしい。
世界は広いなあ。オーストラリアだけでも
こんなにもたくさんいいミュージシャンが居る。


ホールと野外で2公演、ホント楽しかった。
僕と中川英二郎クンを
ファミリーのように迎え入れてくれて
でも音には妥協なく“TOKYO”BigSmallBandを
成功へと導いてくれた彼らに、
心からお礼を言いたい。ありがとう。
聴いてくれた皆さんにも。ありがとうございました。
また彼らに会える日を楽しみに、頑張ってゆこう。



こないだの舞鶴JAZZフェスはアリソン・アダムス・タッカー(vo)、
東京JAZZはマイク・ノック、11月のギンザJAZZフェスはヘイリー・ロレン(vo)と、
なんだか今年は海外ミュージシャンとのコラボで
JAZZフェスに出ることが多いなあ。出会いの年かな?


3日間のことをちゃんと記憶に刻み終えたらオナカすいた(笑)
明日から小沼ようすけ『TheBEST』ツアー第三弾に合流して
愛媛・高知・広島です。いい演奏して、美味しいもの食べよう。

ぜひ聴いてくださいね。





                             # by ken_ota | 2010-09-06 03:33
by ken_ota | 2010-09-06 03:33