人気ブログランキング |

<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

12.06.20 年を重ねた旅の思い出

12.06.20 年を重ねた旅の思い出_e0038558_025682.jpg

早いもので2012年も、もう半分が過ぎようとしていますが
皆様いかがおすごしでしょうか?

四季の変化が美しいとされるこの国の気候も
年々少しづつ変化しているのはここに住む我々には明らかで
そんな中、いつまでも変わらない愛すべき何かを求めたいと思いつつ
それを求めようとすることで自分自身が変わってゆくというパラドックスに
停まることのない時間の流れの宿命を感じるたび
ふと立ち止まってぐるりと1周まわりを見渡してみたくもなります。
自分の立ち位置とか視野の微調整は
前に進もうと踏み出す足の揺らぎを無くす大切な過程だと思いながら。

この6月前半は西へ東へ、いや西へ東北へという感じで
演奏の旅に出ていました。

神戸・滋賀・東広島・岡山・名古屋はハクエイキム君とのDUOで。
仙台・新庄・盛岡・鹿沼へはハクエイ君と川村竜クンと大槻カルタ英宣クンとのQuartetで。

DUOでのツアーは全て、マイクやPA無しの生音で演奏しました。
ピアノとアルトサックス、二人だけだから出来る演奏環境でもありますが
なにより二つの楽器が空間に放つ、音という名の空気の振動が重なったものが
直接そこに居る人の耳や肌に伝わる、ごく自然な音の送受の心地良さと
決めごと無しで臨むことにより、僕とハクエイ君という二人の演奏家の
その時、心から生ずる音楽をリアルタイムで受け止めてもらうという
時空間共有の醍醐味を味わっていただくことが
自分たちの出発点であり最重要命題でもあった
とても意義深い、即興音楽への挑戦の日々でした。

それは今の僕が考え欲している音楽のとても大切な一つのカタチで
その後に東北に行った4人での音楽も、その志向や姿勢という点では
大きくかけ離れるものではなく、同様に探究心あふれる素晴らしいものになりました。

ハクエイキムという特異で素晴らしい世界観を持ったピアニストが彩るサウンドを
当代随一の音色・躍動感・音楽性を兼ね備える川村竜というベーシストと
不可能とさえ思えるほどバーサタイルに数多の音楽への造詣を深めている大槻カルタ英宣というドラマーが
まだ見ぬ景色を描こうとするが如く、巧みに広げてゆき
僕はその映像の上で語られるストーリーの言葉と、伝える声を一つ一つ吟味しながら選んでゆく。

イメージを共有する仲間、皆の
音楽に対して純粋であり続ける心に何の曇りも陰りもないことが
本当に気持ち良く嬉しい、そんな演奏の毎日でした。
1日だけゲストで加わってくれた盟友、小沼ようすけクンの
空気をも変える存在感とプリミティブに人間的な音楽性も素晴らしかった。

両ツアー併せて9公演。訪れた先の各地で
そこに住みながら音楽を愛し続ける多くの方々に大変お世話になりました。
ライブハウスを経営して音楽の素晴らしさを人々に伝え続けてくれる方々、
ライブを企画し宣伝し、何も無い所から一つの尊い夜を創りだしてくれた方々、
そこで僕らの音楽を共有するために足を運んでくれた皆さん。
演奏抜きでもまた会いに行きたい、そういう人たちとのつながりの時間を
多く持てたことが何よりの喜びです。

偶然なんですが、東北ツアー2日目の山形・新庄市でのコンサートの日は
僕の42歳の誕生日でした。
初めて会ったときから隣人のように暖かく迎え入れてくれて
行くたびに故郷に帰ってきたかのような安心感で嬉しくなる新庄FJCの皆さんとバンドメンバーが
僕のメモリアルな日にサプライズまで用意して祝ってくれたこと、本当に嬉しかった。
人が人を思いやる気持ち以上に
人の心を感動させるものなんてないのかもしれない。
また一つ大切なことを教えてもらった気がします。

新庄FJCの皆さんとの話→2008年11月2009年11月

全9公演、お世話になった皆さま、聴いてくれた皆さま
本当にどうもありがとうございました。この先もずっと忘れることなく
大切なものとして心に残る素晴らしい日々の記憶をいただいたこと、とても感謝しています。

歯に衣着せぬ情熱むき出しの議論で音楽を少しでも良いものにしようとしてくれた
ツアーメンバー皆にも。ありがとうございました。

また明日から音楽を演奏するのが楽しみです。
12.06.20 年を重ねた旅の思い出_e0038558_1265785.jpg

by ken_ota | 2012-06-20 01:29