人気ブログランキング | 話題のタグを見る

15.11.9 二つ目のバトン

故郷、愛知県の渥美半島の田原市教育委員会から連絡をいただいたのは今年の春。
4月に開校した新校、伊良湖岬小学校の校歌作成の依頼だった。
校歌、といういささか畑違いの音楽への挑戦に、
自分が出来るのだろうか?と躊躇すること数秒。
しかし、10秒も経たないうちに「お引き受けします」と電話で即答していたのは
純粋にやってみたいという気持ち半分、
自分の生まれ育った故郷で過ごす子供たちに
音楽でこの土地の素晴らしさを伝えたいという思い半分。
一昨年の秋より拝任した「田原市ふるさと大使」唯一の音楽家としても
これを完遂したら少しは地元のお役に立てるかもしれないと、そんな気持ちだった。

開校から一ヶ月後の5月。
教育委員会の方々と共に伊良湖岬小学校を訪問して
学校を案内してもらったり、教室での子供たちの姿を見させてもらったり。
そんななか、先生がたに学校や校歌の沿革を伺っていて、一つ驚いたことがあった。

伊良湖岬小学校は
旧・伊良湖小学校、旧・和地小学校、旧・堀切小学校という3校が
統合されて出来た新設校ということで、
参考までにそれら3校の校歌を見させていただいたのだけれど
そのうちの1校、旧・伊良湖小学校の校歌の作曲者は
ジャズ・クラリネット奏者、藤家虹二さんだった。

小学生の頃、ブラスバンドでトランペットを吹いていた僕は
中学校に上がったらアコースティックギターをやろうかなと漠然と思っていたのだけれど
6年生、12歳の時に父に連れられ伊良湖ビューホテルで聞いた初めてのジャズ、
藤家虹二さんの演奏は衝撃的で、
正直、最初から最後まで何が起こっているのか全く理解していなかったけれど、
あっという間にその音楽の魅力にひきこまれた僕は
帰りの車中もジャズとクラリネットのことで頭が一杯で
それ以来、ギターのこと忘れてしまったような。
中学生になった時には、当たり前のように
父がバンドマンの方から譲り受けたテナーサックスを手にしていた。

2007年8月、日比谷公会堂での第39回サマージャズというフェスティバルに出演した際に
藤家虹二さんもご自身のバンドで出演されていて
楽屋でお話しすることができた。
初対面の僕に、あなたの演奏がきっかけでジャズを始めましたと積年の思いを熱く語られても、
自分の演奏を聴いていた聴衆のなかに居た子供の一人ゆえ
藤家さんにとってはニコニコ笑って聞くしかなかったろうと
今では少し恥ずかしいけれど、ずっと胸にあった感謝の思いを伝えずには居られなかった。

それから3年後の2010年秋、
小学生の時に藤家さんを見た伊良湖ビューホテルの同じ場所に、今度は自分が立っていた。
客席からステージへ上がるまで28年。感慨深いという一言では言い尽くせぬ気持ち。
その1年後、残念ながら藤家さんはお亡くなりになった。
バトンを渡したつもりなど毛頭ないかもしれないけれど、
この地に生まれた僕としては、受け継いでゆかねばならないことのような気がした。

それから5年、今度は校歌。これも藤家さんの遺業。
クラリネット演奏のみならず「ひらけ!ポンキッキ」「未来少年コナン」などの
音楽監督も務めた藤家さんの数ある音楽活動の中のたったひとつとの巡り合わせ、
それは偶然かもしれないけれど、きちんと役目を果たさねばと
身の引き締まる思いで臨んだ。
広島出身の藤家さんは作曲のみだったけれど
僕は生まれ育った土地の風景、生活を良く知っているだろうということで
作詞も依頼されたことは、とても嬉しかった。
学生時代に文学部で取り組んでいた言葉の美学と
それ以来ずっと追い求めていた音楽、その二つを一つの歌に融合させる試み。
特別な思いと、新鮮な感覚に満ちた、清々しい挑戦でした。

先日、11月の文化の日の前日に、出来た校歌のお披露目の会に
伊良湖岬小学校を再訪したときに
校長先生がこんなことを教えてくれた。

「ウチの学校の生徒に、親に連れられて
 伊良湖ビューホテルで太田さんの演奏を聴いたって子が居ましたよ。」


次に校歌を作るのはその子かな。


15.11.9 二つ目のバトン_e0038558_1533599.jpg

# by ken_ota | 2015-11-09 15:34

15.10.29 浜田博行さんの音は

滋賀県大津市にあるJazz Place「ねこ」のオーナーであり
ジャズ・トランペッターでもある浜田博行さんが今月25日に亡くなった。
享年51歳。パセドウ病からの心不全だったらしい。

先月末に同県野洲市で開催されたオクトーバーフェストでのステージの
トリを飾った浜田さんのバンドにゲストとして呼んでいただき
楽しいひと時を過ごしたばかりで、
年末の再会の話なんかもしてたくらいだから
この訃報は120%予期していなかった、というか
未だに信じられないし、
ほんの数%でもこの情報がひっくりかえる可能性があるならば
嘘であってほしいと願っている自分が居る。
でも、そうはいかないのが世の常。我が身の無力感に苛まれるも、どうしようもない。

知り合ったのはもう10年も前になるかな。
小林陽一&Good Fellasのメンバーとして浜田さんのお店「ねこ」に出演した。
僕の演奏を気に入ってもらえたようで、
それ以来、ホールコンサートや、大阪「ロイヤルホース」でのライブ、
琵琶湖ジャズフェスティバルなど、自分のバンドが出演する幾多のステージに呼んでくれて
隣で吹かせていただいた。

歌も歌う浜田さんお気に入りのジャズシンガー牧野竜太郎くんと吉岡秀晃さんとのトリオツアーで
4年前のちょうど今頃「ねこ」を再訪、出演させていただいたのも良い思い出。
いつ会っても、気さくで優しくて頼もしくて、でも少しシャイな、人生の先輩だった。

滋賀県文化奨励賞も受賞されて文字通り「滋賀ジャズの顔役」として
八面六臂の活躍をされていた浜田さん。
来年は東京でも一緒にライブをやりましょうと
意気投合した、先月の演奏の打ち上げはホントに楽しかった。

音楽にも、人にも、動物にも、深い愛情を注ぎ暖かく包み込む
その人柄と穢れなき心は、そのまま彼の演奏にも表れていた。
浜田さんの吹くトランペットのベルからまっすぐに伸びて広がるその音は
僕がこの人生で出会った最も美しいものの一つです。

本当に色々ありがとうございました。
お世話になった数多くのご恩を返すことも出来ないうちに
旅立たれたことが残念でなりませんが
今はただ、その魂が安らかに眠らんことを願います。

またいつか、この空高き何処かで会えたら
並んで一緒に演奏させていただくのを楽しみに
頑張って精進しておきます。その時はお手柔らかにお願いします。



                                                                                      2015.10.29. 太田 剣
15.10.29 浜田博行さんの音は_e0038558_2412655.jpg

# by ken_ota | 2015-10-29 02:43

15.3.26 Piano Man

今日、家にサックス専門誌「The SAX」の見本誌が2冊届いた。
今号はvol.70。 記念すべき創刊70号は特別版の装いで
国内サックス史を振り返る記事が載ってたり
これまで紙面に登場したサックス奏者たちのワンポイントアドバイス総集編とか
とても豪華な内容。特別付録のCDまでついてる。
この付録CD、世界的に有名な名曲を数人のサックス奏者が吹いていて
今回、その一人として演奏させてもらったので
見ると、表紙の片隅に自分の名前も載ってる。おお。

編集部からこの依頼をいただいた時に曲目の指定があった。
「“New York State of Mind”をピアノとDUOでお願いします。」

僕のLIVEに足を運んでいただいてる方はお気づきかもしれないが
近年、ポップスのカバーを自ら演奏することはほとんど無く
年々、コアなジャズ度が高まっているような気がしている僕が
ビリー・ジョエルのあの名曲を一体どう料理すればよいのか。。。
と考えた時に、はたと気づいた。

ビリー・ジョエル。

6歳で始めたピアノではバッハやモーツァルトの曲を弾き
10歳で始めたトランペットではマーチングバンドの曲を吹き
13歳で始めたテナーサックスでは吹奏楽の曲を吹き
16歳で始めたアルトサックスではクラシックのコンチェルトなどを吹いていた僕が
高校生の頃に初めてバンドで演奏した曲がビリー・ジョエルの“Piano Man”だった。

クラスメートに、文化祭でバンドのLIVEやるからサックス吹いてよ、と言われて演奏したのが
バンドでポップスを吹いた最初の経験だったな、そういえば。

クラシックにのめりこんでいた10代の自分が演奏したビリー・ジョエル。
ジャズにのめりこんでいる40代の自分が演奏するビリー・ジョエルはどんな風になるだろう?と
少し因縁めいたこのオファーに興味が湧いてきて、やってみることに。

ここ数年、素晴らしいピアニストの方々とDUOでライブをさせていただいているが
この選曲とちょっとひらめいたアレンジに思いめぐらせたとき
自然と、それを弾くピアニストの顔も浮かんできた。

熊谷ヤスマサ。 そうだ、熊ちゃんがいい。

もう4、5年以上一緒にやっているだろうか?
最近は都内某所で月に1、2回、
二人でジャズスタンダードばかり掘り下げるDUO、
通称「スタンダード研究会」、略して「スタ研」を継続しているので
その研鑽の記録を1曲でも残したいという気持ちもあるし。

で、録音してみたわけです。
よく知られたこの曲のAメロのハーモニーに現代的なジャズの要素を取り入れてみたのだけれど
出来上がったものを後から客観的に聞いてみると
スタンダード曲「時には母のない子のように」のような雰囲気。
ヘレン・メリル(vo)とスティーブ・レイシー(ss)が一緒にやっている
大好きなバージョンの「匂い」が知らず知らずのうちに出てしまったのかもしれないな。

しかし、熊ちゃんのピアノは素晴らしい。
全く揺らぐことなく安心して身を委ねられるタイム感。
分厚く重みのある沈んだ音色。これが実はエレピの演奏だと誰が気づくだろう?
ブルースとゴスペルの要素が詰まったアーシーでソウルフルなプレイ。
録音を聴いてあらためて思う。彼は真にリスペクトに値する素晴らしい「Piano Man」だ。

2冊届いたうちの1冊を、今度会うとき熊ちゃんに渡そう。
長年一緒に演ってきた熊ちゃんとの初録音。
ものは付録でも、僕の人生にとっては付録じゃない、大切な思い出の1曲。

譜面もついてます。サックスをやる方も、そうでない方もよかったら聴いてみてくださいませ。

15.3.26 Piano Man_e0038558_2272177.jpg

# by ken_ota | 2015-03-26 02:28

15.2.27 色褪せない記憶

2015年。もう6分の1が過ぎ去ろうというところにきて
月日の経つのはこんなにも早いものかと思いつつ
また久々にBLOGを書いております。

この2月は6年ぶりに盟友、小沼ようすけ君と二人でツアーしました。
そんなに経ったかな?と思うほど6年前のことは記憶に新しいのだけれど
いざ一緒に音を出してみると「おや?」と感じることも多く

それはひとえにお互いが自分の音楽の道を前に向かって進んだ証と納得出来る
良い意味での違和感でした。

ちなみに6年前はこちら

僕が小沼ようすけに感じる最大の魅力の一つは
自分の個人主義を多くの人と共有できること。

その感覚、アイデア、サウンド、全てが彼自身の極めて個人的なものでありながら
彼はいつもそれと
そこにいる人、その場所、そこにある空気、そこにある意味を
調和させることに全力を注いでいる。

「ひとりで見る夢はただの夢
 みんなで見る夢は現実になる」
と言ったのはジョン・レノン。

人、動物、自然、自分と真摯に向き合って
この言葉を具現化している
そんな彼の素晴らしさをあらためて感じた良いツアーでした。

こんな書き出しだからといって
懐古趣味に陥っているわけでも
私的リバイバルブームが来ているわけでもないですが
10年ぶりにオフィシャルウェブサイトをリニューアルしてみました。

素敵なページを作ってもらって10年。
今、新たにここを訪れてくれる方々に
10年前の自分の写真で「はじめまして」もないだろうと
重い腰をあげてみると
とある奇縁に気づきました。

先週2月22日(日)TV地上波 日テレで放送された
「-心の都へスペシャル- 千年の都 美の旅人」に出演し
女優の栗山千明さんを前に
京都の仁和寺を背に1曲、自作の曲を吹いておりまして 
今週3月1日(日)2:00pm〜3:00pm BS日テレでその再放送があるのですが

以前出演したドイツ車「Audi A4」のCM番組が放映されたのが
ちょうど10年前の同じ3月、同じBS日テレだったのです。
なんと奇遇な。否、こうなると偶然ではなく必然のような気もしてくるから不思議。

ちなみに10年前はこちら

Audi A4を駆って少し大げさにリズムをとりながら(笑)
外苑をぐるぐると何周も走ったり
関内KAMOMEの入り口に乗り付け
振り向きざまに「Let's Groove! 」(←棒読み:苦笑)と言い放って店内に入った
そんな撮影のことも意外と記憶に新しいのだけれど
それから10年目の御縁。

今回「心の都へスペシャル」では「桜の記憶」という書き下ろしの自作曲を演奏しました。

西の都はかつての都。いまも、いつまでも変わらない心の都。
月日とともに万物は流転し
色々なものが新たにお目見えするかわりに
いつまでもあると思っていた多くのものが消えてゆく。
でも自分の心から、記憶から大切なものが消えてゆくことは無くて。

桜を意識したのはいつからか。
学生の頃に公園でベンチに座って本を読んでいた自分に
背後の上の方から
風に吹かれて舞い散ったたくさんの桜の花びらを浴びたとき
特に何をというわけでもなく
自分が何か祝福されているようだと感じたあの時からかもしれない。

それから毎年なにかしらどこかしらで見ていた桜の花の
咲き始めるとき、満開のとき、そして散りゆくときの記憶を
脳裏によみがえらせながら音の調べにしました。

先月撮影で京都に行った日のことも
かつて桜にハッとさせられた日のことも
同じように心にあり続ける色褪せない記憶。

この日曜日は
長い年月の時間を超えて共存する記憶を一つにする音と調べを
TVでご覧いただけたら幸いです。

15.2.27 色褪せない記憶_e0038558_17495878.jpg
# by ken_ota | 2015-02-27 17:55

14.11.17 ハッピーなビジョン

週末の二日間続けて出演した関内「KAMOME」。
昨日はその10周年を祝うスペシャルLIVEでした。

ギター好きで小沼ようすけクンや荻原亮クンと知り合い
その後LIVEで大槻“KALTA”英宣クンや僕も親しくなった佐々木さんが
2004年にオープンした同店は
その年の11月18日に僕が杮落としのLIVEをやらせていただきました。
まだ自分のCDもリリースしてない僕にとって
いちJAZZ CLUBの最初のLIVEなんて身に余る光栄というか
そんな大役を引き受けいいものかと言う感じですが
そこは若気の至りの力を存分に借りまして
果敢にもあれこれ演奏したのを憶えています。

その日も一緒だった盟友、大槻カルタ君は
ここ数年、横濱Jazz Promnadeの後夜祭的な感じでやっている
「3日目(笑)」スペシャルLIVEなど
KAMOMEのアニバーサリーLIVEの仕切りといえばこの人!のような顔役になっていて
毎度ながらそのお祭り男な名仕切りっぷりには感心させられております。
高校時代の「文化祭実行委員長」の肩書きは伊達ではありません。

彼のバンド“Vertical-Engine”に参加させてもらってる時もそうですが
ステージに乗るミュージシャンの数が多いと
9割がた即興で進行してゆくJAZZという音楽の
次の瞬間の行き先を全員に指示するのはなかなかに大変なことで
それが演奏中、常に両手両足をフル稼働させてGrooveを支えているドラマーならばなおのこと。
もう演奏で使ってないのは顔くらいで
声も届かないステージ上で後ろの方から表情一つで指示を出すのはそれはそれは難しい。

というわけで、気心知れた僕が彼に変わってステージ上の皆さんに合図を出したりしてるのですが
それは一見、演奏中のことは僕が決めているように見えるかもしれないとも思うので
誤解の無きよう、一つこの場を借りてご説明させていただこうかと。笑

リハ中、演奏中、選曲中、ゴハン中(?)、大体一緒に行動をしていると
カルタ君のその日その場のビジョンが見えて来て
特別意識して感じていないまでも
彼の「こうしたい」と思う絵図の主旨が伝わってきます。
それはいつも大抵、音楽が良い方向に進むハッピーなビジョン。

作家と脚本家の役割分担というと言い過ぎかもしれませんが
彼が思い描くビジョンを現場で各人にわかりやすく伝えているのが僕、ということで
プロットをたてているのは彼なのです。本当に。

間違いなく良いと思える行き先が見えるから
「こっちに行けばいいみたいですよ」と伝えられる。
演奏しているときも、していないときも
そんなビジョンの素晴らしさをそこここに感じた
幸せな10周年ライブでした。お疲れ様、大槻カルタ英宣お祭り番長。

オーナー佐々木さんの10年続けた弛まぬ努力
その下で力を尽くしてきたスタッフの皆さん
それに呼応していい演奏を繰り広げてきたミュージシャン
夜な夜なそこに足を運んでくれた皆様

関わった全ての人の気持ちが
共にいい空間と時間を演出してきた10年=3650日だったと思います。
その一員で居られて本当に良かった。

おめでとう&ありがとうございます。
これからもKAMOMEと
そこに携わる全ての人に幸あれ。

14.11.17 ハッピーなビジョン_e0038558_11433217.jpg
# by ken_ota | 2014-11-17 11:43